ホーム>スタッフブログ>犬の幼稚園~卒園おめでとう!その他~
スタッフブログ

犬の幼稚園~卒園おめでとう!その他~

犬のしつけ~多頭飼い~

 

本日卒園のララ君shine

犬のようちえん しつけ教室 川口市

先住わんこに比べると、とってもヤンチャでsweat01先住わんこが家の中を逃げ回っている状況・・・

そんなこんなで、幼稚園に入園しましたsign01

沢山のわんこの中で、沢山の経験をし、犬付き合いを学んだララshine

休学したこともあり、あっという間に「俺も一人前」  byララ

卒園の今日、ド派手にsmileムゥと男同士の対決impactしてました~sign04coldsweats01

 

 

まだまだ社会化が必要ですし、これからの環境で良くも悪くも変化する年頃です。

引き続き沢山の経験をしながら、大きく成長していくのだょララnote

 

 

 

犬の性格~遺伝3割、環境7割~

人間同様、犬も性格は様々です。

そして、これまた人間同様、なにを見て?なにを基準に?

「性格が良い」「性格が悪い」と判断するのか?

※かわいそうなことに、犬は確実に飼い主都合で判断されます!

 

 

たとえば、シャイな子。

他人とうまく付き合えない、他犬とうまく付き合えないワンコがいたとします。

「怖がりで、どこに行ってもダメなんですよ!」人はそう言いますね。

=もしかしたら、経験が足りないだけかもしれないじゃないですか

 

たとえば、うるさい子。

飼い主さんの動きに合わせてよくしゃべる(吠える)子がいたとします。

「とにかく吠えるんですよ!」人はそう言いますね。

=吠えたら願いが叶うと環境から学習してしまっているだけかもしれないじゃないですか

 

 

たとえば、行儀の良い子。

信号が赤になると、飼い主の横で静かに座って待つ子がいたとします。

「なんて良い子なのぉ~スゴイねぇエライねぇ~!」人はそう言いますね。

=もしかしたら信号が青に変わった瞬間に猛ダッシュをして、飼い主を引きずるかもしれない。自転車の人に飛びかかるかもしれない。

それをわかっているから、その犬を連れた人が、一生懸命信号待ちの間、お座り、待て!と言っているのかもしれない。

 

 

 

犬の何を見て、どこを基準に、良い・悪いと決めるのか?

それは人の目次第。人それぞれ。家庭それぞれです。

 

伝えたいことは、

すべては飼い主次第!

 

ということです。

 

 

どんなワンコに育ってほしいのか?

どんな風にワンコを育て守っていくのか?

この2点だと思います。

 

 

そして、その飼い主さんをサポートとし、犬の代弁者として中立な立場に立ち、両者を幸せな日常に導くのが我々ドッグトレーナーの仕事です。

ですから、犬育てにちょっとでも不安、戸惑い、迷い、悩みを抱えた時は、「今!」

 

ご近所で信頼できるスクールを探してみて下さい。

そして、気軽に悩みを相談してみて下さい。

きっと、未来が大きく変わります(相談先にもよるかもしれませんが・・・)

 

 

 

 

 

今日も明日も明後日も10年後も20年後も願う事。

犬を好きな人と、その人のそばにいるワンコ達がHappyであること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.dogvision.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/577

コメントする