ホーム>スタッフブログ>犬のしつけ~まずはご相談を~
スタッフブログ

犬のしつけ~まずはご相談を~

犬のしつけはお家に迎えたその日から始まります

 

まず初めて犬を飼うと、想像とはかけ離れた現実に直面します。

なんでこんなに鳴くの?

なんでこんなにドタバタ走りまわるの?

なんでこんなに噛むの?

なんであっちこっちでおしっこしちゃうの?

なんでこんなに・・・ ・・・・毎日がその連続です。

 

初めてだから、当たり前です。

 

困って、悩んで、人に相談したり、ネットを使って色々調べて実践したり。

誰しも愛犬の問題解決のために試行錯誤しますよね?

 

情報に流されず慌てないこと

それでも上手くいかないのとどうなるか?

この子ちょっと変なんじゃない?

私のやり方が間違っているのかもしれない・・・

 

今度はそんな不安に襲われたりしますね。

 

そうして、ドッグスクール、しつけ教室を探し始めます。

 

 

 

子犬を飼ったら、まず犬の幼稚園に入れるべし

我が家には高齢になる2匹の犬がおりますが、

おそらく自分の人生で、次もし子犬から育てるならば、そして、経済的余裕があれば笑

間違いなく犬の幼稚園に通わせます。

「家族と離れて少し外で色んなこと体験して、経験して、吸収しておいで~~」と。

 

 

 

特に、溺愛しちゃうタイプの飼い主さんは、幼稚園に通わせることで、自分自身も愛犬も自立することが出来ます。

距離を置くというのは必要なんですね。

犬の場合は、元来集団で生きる動物ですから尚更。

 

 

最低1歳まで!教育にお金をかけるべし

これは飼い主さんからよく聞かれること。

1歳までしか躾って出来ないんですか?

1歳を過ぎたら手遅れと言われたんですが本当ですか?

 

 

そんな事はありません。

何歳だって、練習、訓練は出来ます。(自分が自分自身にそう思いますからね笑)

ただ、キャパを広げられる(社会を大きく捉えることが出来る)のは、やはり人も犬も若いうちです。

キャパが広がれば、たいしたことで動じない。

キャパを広げるためには、様々な体験、経験、学習が必要です。

犬も同じです。

だからこそ、社会経験を積む場所が必要なんですね。

 

 

 

社会性を身につけることは飼い主にも犬にも一生涯の保険であり宝

愛犬を幼稚園に通わせた飼い主さんは、通わせていない飼い主さんと比べると断然キャパが広い!!

これはおもしろいですが、本当にそうです。

愛犬に対して理解があります。

 

 

なぜかなぁ?と考えたことがあります。

おそらく、愛犬が幼稚園に通うことで、愛犬も頑張ってる!と自分のわんこを認めてやれる気持ちを持てるからなのだと思います。

毎日一緒にいて、自分は愛犬のために色々調べて実践して頑張っているのに、愛犬はそれに全然答えてくれない!!

そう思った時、飼い主さんは愛犬に失望してしまうんですね。

でも、そこに少しの距離が出来て、愛犬は幼稚園で沢山学んで沢山遊んで帰って来る。

飼い主さんはその分時間を自由に使える。

こういうリズムが出来ることで、お互いにすごく良い状態で向き合うことが出来るんです。

 

人も犬もなるべくストレスフリーな環境を作ることが大切

だから、僕は、子犬を飼っているご家庭には可能であれば、幼稚園をおススメしています。

個人的には出張レッスン大好きです!飼い主さんとわんこが向き合い、真剣に悩み、取り組むこと。

全力でサポートしたいと思います。

でもそれだけは足らない、サポートしきれないことがある。

「わんこに!犬自身に社会性を学んでもらうこと」

そう思って幼稚園を開設して早6年?7年?が経ちました。

 

 

もちろん、

ピンポイントで!早急に!

問題を解決しなければならない状況の時は、出張レッスンが断然おススメです。

但し、

出張レッスンは飼い主さんの努力なくして成果は出ません。

それを言わずして、長々レッスンするスクールにはご注意を。

 

 

 

 

飼い主さんの個性、犬の個性。尊重し理解すること

単に、犬のしつけといえど、

犬も人と同じ。生きている動物です。個々の性格、犬種の特性、生まれてからの環境要因様々です。

そして、飼い主さんの性格、生活スタイル、ドッグライフの希望、これもまた様々です。

ドッグヴィジョンは、それらを統合して、どんなスタイルがご家庭に合うのか?を一緒に考えます。

一緒に考え、一緒にスタートし、一緒にゴールを目指します!!

 

 

 

☆☆☆お気軽にご相談下さい☆☆☆

048-261-3679

E-mail   info@dogvision.jp

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.dogvision.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/500

コメントする