ホーム>スタッフブログ>本日はお休みです
スタッフブログ

本日はお休みです

今日はお休みを頂いて、あっという間に時間が過ぎました笑

 

先日書いた記事でコメントやメールを頂いて・・・すみませんsweat02

スタッフにまで心配される始末でして・・・反省しました。。。以後、気をつけます。

そぉ、もう少し自分の言動やら行動に責任を持たないといけませんね・・・

でも何かこう、無理ですね!格好つけたの。。。

お客様からも言われました。

営業トークしている先生見てニタニタしました。どうぞおやめ下さい(笑)と笑

 

 

平日のデイケアと幼稚園はバタバタですsweat01

誰だれがうんPしてない、誰だれのうんPがゆるい、誰だれが吐いた~

誰だれが元気ない~~、機嫌悪い~~~と。笑

 

スタッフは昼飯食いながら、普通にそんな会話しています笑

 

 

何かあったのかな?どうしたのかなぁ?ちょっと飼い主さんに聞いてみよう!とかね。

犬って、人みたく日本語も英語も喋りませんが、色んな形でメッセージをくれます。

 

人はその犬のメッセージをどれだけ感じられているのかなぁ?

なんてよく思いますが、私達人間にとって都合の良いメッセージばかりを求めてはいけませんね?

 

犬にも人と同じ心、個性、主張があります。

 

 

 

今日はお休みを頂いて、久々にゆっくりと愛犬と散歩へ行き、読書をして過ごしました。

見た目に似合わず僕は書物が大好きです笑

そして、滅多にない休みの日は家で過ごしたい人間。めちゃくちゃインです笑

今はテレビのない家で暮らしています笑

 

 

実は、ドッグトレーナーではない別の資格をうちの若いスタッフととりにいこうかと思い、その教本が先日届きまして、

どんなもんか?と今日読んでいたんですが、、、、感想は、、、、

気付くと、その本に、これはこうこうこうだから、違う。とか、それは見方を変えればこういう考えもあるとか・・・

鉛筆で書いちゃったりとかして・・・・完全に嫌な奴ですねぇ笑

 

 

でも、すごく共感し、そのとーり!と思ったところがあったので書きますね。

 

 

 

最初に家庭犬として必要なことは、「動作」ではなく「人に対する意識」

 

どういうことかと言いますと、

「動作」とはいわゆるお座りや伏せなどのコマンド

「人に対する意識」とは、恐怖や警戒といった犬の心理です。

 

僕もたまにブログで書きますが、大切なことはお座りや伏せといった言葉を教えることだけではないということ。

それ以前に、社会性、人間社会で共存していけるように育てる事、メンタルタフネスな犬へ育てる事。

通じていますね。

 

昨年、飼い主講座というのをやりましたが、犬の本能と習性を理解することは飼い主として非常に大切です。

多頭飼いになると尚大切です。

ようちえんやデイも昼間の多頭飼いと同じですからね笑

 

特に注意しなければならないのは「興奮」です。

もぉざっくばらんに簡単に一言で言ってしまえば、犬と上手に付き合う一番の方法は「興奮のコントロール」です。

愛犬の興奮を飼い主がきちんと管理してやることが出来れば、悩むこともなく、お互いに幸せに暮らしていけます。

 

恐怖という感情も、嬉しいという感情も、興奮へと繋がるんですね。

そして、多頭(ようちえんもそうですが、ドッグラン、ドッグカフェ、動物病院、散歩の場)が集まる場所では特にこの興奮を意識しなければなりません。

そこにいる人間がです。

 

1頭の興奮は伝染します。興奮が興奮を呼び、予期せぬ事態へ発展します。

それも一瞬の間に。

 

 

ですから、自分と愛犬のそばにいる犬や人をよく見るということも飼い主として非常に大切なことです。

犬が犬の興奮を呼ぶ場合ももちろんありますが、それ以上に、人が犬の興奮に火をつける場合が多いです。

「きゃ~~~~~っ!」「あ~~~~~~~~っ!」「ちょっと~~~~~~~~~~!」ってね笑

 

 

そうなると、怖がりな子は委縮します。

逆に気が強い子はケンカします。だいたいね。

これは犬の転位行動と関連しています。人でいうと、フラストレーションを八つ当たりと言う形で発散してしまうみたいな感じです。

 

要するに迷惑なんです。笑

周りが皆。

 

ですから、外出する際には、愛犬をバカみたいに興奮させないこと、興奮したら落ちつかせる事、

そして、興奮状態に陥りそうな場所を避けてあげること、もっといえば、予測出来るいろ~~~~~~~んな興奮環境を幼少期から与え、慣らす事。

大地震が来て人がパニックになる状況を演出し避難訓練すること。

 

こういうことが大切ですね。

毎度ですが、書いているうちに長くなり、よくわからなくなり、終わるという・・・・このブログ。

 

すいません(--〆)

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.dogvision.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/307

コメントする