ホーム>しつけ事例集>犬のしつけ~多頭飼いのケンカ~
しつけ事例集

犬のしつけ~多頭飼いのケンカ~

出張レッスンの話。

 

犬種はフレンチブルドッグ2頭。多頭飼いでした。

血の争いを何とかやめさせたいと飼い主さんからの依頼で数回レッスンに行きました。

 

まず、お家に伺ってすぐに、わかったこと。

この犬2頭、まったく家でのルールってものがなく、やりたい放題だったんですね。

だから、2頭の争いも絶えず、一回火がつけば、血が出るケンカ。

 

そしてそうなると飼い主さん止められず・・・

 

ご飯・スペース・所有物・もちろん人のアテンションも。

これらが引き金になり一気に攻撃に出る状態でした。

 

 

まず、飼い主さんに伝えたこと。

それは家庭のルールを作る事と、彼ら犬にはきちんとそのルールに従ってもらうこと。

これを徹底すること。

 

 

 

続いて、そのために必要ないくつかのコマンドを教える。

これを日々練習してもらう。

散歩もあまり行っていないお家だった為、散歩も行くようにしてもらいました。

 

 

ここまで実践することで、犬に変化が出てきます。

ケンカの回数が減ってきました。

各犬の精神的状態が良い方向に向かっていきました。

 

 

次に取り組んだこと。

実際争いが起きそうな場面を演出していきます。

これは飼い主さんのメンタルが重要なポイントになってきますので、いくつかの段階を作り、飼い主さんが不安にならず、自信を持てるような結果になるよう配慮しながら行っていきました。

 

失敗すれば人間だから不安になるし、緊張するし、やっぱり駄目なのかも・・・と自分を責めたり落ち込んだりしてしまいます。

そうじゃなくても、散々自分の前で可愛い愛犬2匹のケンカを見てきて、心を痛めているわけですからね。

 

だから慎重に、少しずつ少しずつレベルアップをはかりました。

 

全8回のレッスン。

犬がケンカを始めると、茫然としていた飼い主さんが、「イケない!!」と一喝しケンカを止められるようになり、

それ以前に、2頭をしっかりコントロール出来るようになりました。

ということは??

ケンカが起きません。

 

 

飼い主さんが最後に言った言葉。

「このケンカ、この犬の問題行動は直らないのかなと思っていたけど、そうではないんですねぇ。全ては人なんですね。

正直、ダメ元で来て頂いたんですが、本当に良かったです!」と。

 

 

平和な日常が訪れたこと、おばあちゃんも、お子さんも、お父さんも、お母さんも、わんこ達も皆にとってHappyです!

 

そぉ。

全ては人次第!