ホーム>しつけ事例集>犬のしつけ~ストレスと欲求~
しつけ事例集

犬のしつけ~ストレスと欲求~

犬の行動問題(犬は問題だと思っていませんが)

 

ストレスと欲求のバランス。これ結構重要です。

 

ある飼い主さんは、こう言います。

「わがままなんです!イライラします!」

ある飼い主さんは、こう言います。

「何かストレスがあるんですかね?ストレスを与えているんですかね?」

 

 

極論でいうと、どちらも、かなりハードな意見です笑

 

 

まず、自分自身を考えてみましょう。

ストレスと欲求。

 

ストレスはストレスですよね?それは人それぞれですよね?感じる強さも、感じる頻度も。

そして、ストレスがあるから欲求に繋がりますね?

 

基本的に、ストレスがなければ欲求って生まれません。

 

では、ストレスを感じすぎるとどうなりますか?

逆に、ストレスを感じなさすぎるとどうなりますか?

 

 

では、欲求が満たされないとどうなりますか?

逆に、欲求がなさすぎるとどうなりますか?

 

 

これら、考えるとわかることだと思います。

全てにおいて、『バランス』が大事です。

 

 

教育とは、バランスを保ってやることだと自分は考えています。

精神的、肉体的なバランスが整わない段階で教育は出来ません。

 

 

犬のしつけ=まず、心身ともにバランスを整えることから始まります。

 

 

 

そりゃそーでしょ?

散歩にも行かず、一日中家の中で、ゲージの中で過ごさせておいて、

散歩行くから、引っ張るなよ!ゲージから出してやるから暴れるなよ!では、あまりに一方的すぎるでしょ?

 

 

自分が相手に望むこと。

相手が自分に望むこと。

そのバランスって重要!

これは人対犬でも、人対人でも、犬対犬でも同じ事です。

 

 

相手の立場に立って考えれば、答えはシンプルに出るはずです。