ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

犬のようちえん通信~雨~

微妙な三角関係sign04sign03

犬 問題行動 出張しつけ 埼玉

 

 

こちらラッキーshineシャンプー後のブロー中down 寝てるやんけっsleepy

柴犬 咬む 躾 悩み 埼玉 東京

めっちゃ良い子でした~~このまま大人になってくれ~~~good

成犬デイケア通信~連休明けのんびり~

     連休明けでボケ~~~っとsign02ぼや~~~んとsign02

       みんな良い連休を過ごしたのかなwink

成犬 問題行動 吠える しつけ 埼玉

 

 

こちら3ワンズで会話中のところをcamera  仲良くねぇ~~heart04

ちわわ しつけ トイプードル しつけ ドッグシャンプー

ではまた明日paper

犬の幼稚園通信~遊び~

ようちえんが楽しくなってきたテンはノリノリですshine

子犬 社会化 幼稚園 埼玉

 

しか~~~しup      ヴぅッdash 前につんのめった所をバシッhappy01

子犬 しつけ 出張訪問 埼玉

 

結構ワールド(有)の男児です笑good

犬 しつけ トイレ 甘噛み 埼玉 川口市

3連休のドッグホテル&ステイ

平日とメンバーが変わっても平和なワン達でした~
小型犬 しつけ 埼玉

ゼンゼン、いじられキャラ炸裂‼笑
大型犬 しつけ 引っ張り 散歩 埼玉

成犬デイケア~今週も締め(笑)~

今週も無事終了しましたsign01

最後の締めはsign02happy01このワンズ達~~

ラブラドールレトリバー しつけ 埼玉 引っ張り

久々参上paper俺様ロクでござるが・・・くじらぁ~もぉ勘弁してよぉ~lovely

俺のこと、好きなのはわかってるからぁ~~   byロク笑

 

 

    見よっsign03あたしがくじらflair あたしこう見えて女子なのよっnotes

犬 しつけ 悩み 問題行動 埼玉

 

生まれたて、テンテンは、大人の男と女に興味津々happy01

 

子犬 しつけ 埼玉 吠える

さぁ~~皆で写真撮ろうcamera 集まったのはこのわんこ達up

自信家さんの集まりですね~

 

 

最後は、ロクに興味ありありだった初めまして大型犬のテンnote

ロク兄さんの匂いはどんなだったsign02

大型犬 小型犬 しつけ 犬の社会化

 

色んな年齢のワンコ同士が集まり、集団生活を送ることで、大人も子供も他にはない事を沢山吸収します。

いつだったか、ある飼い主さんにこう尋ねられました。

 

「集団生活だと、良いことも悪いことも学びますよね?ってことは悪い影響もうちの犬にありますよね?」と。

営業文句だとこの返事は何になるかな?

わからないけど、

「そうですねっ!子供の学校と同じですから。学校があり、それ以前に家庭がある。親がいての教育ですね」

そんな説明をしましたね。

結果、幼稚園には来ませんでした。笑

 

何が良いか?何が悪いか?それを決めるのは、飼い主さんご自身です。

飼い主さんが育てたいように、飼い主さんが希望とする犬を育てられるようにお手伝いをするのがトレーナーですね。

最低限、お伝え出来ることは、飼い主としてのマナーやモラルの部分、犬の個性、性格の部分。

あとは最終的にそれを飼い主さんが判断し導きます。

 

導き方がたとえ、間違っていてもそれ以上のことを自分達からは言えません。

 

その考えだと将来こうなる可能性があります。

その飼い方がご希望だと犬はこうなっていきます。

そういう犬に育てたいならこういう事が必要です。

 

 

そういうアドバイスはします。

飼い主さんと犬の為になるであろうアドバイスや忠告はしますが、決めるのは飼い主さん。

犬は喋れませんし、トレーナーはそれ以上のうんちくを並べる立場ではない。というのが自分の考えです。

 

 

 

集団生活?

確かに、良い事も悪い事もあるでしょう。

じゃあそれを避けるとどうなるか?

 

人間で想像してみて下さい。

不登校・引きこもり・ニート・ホームレス。

どうでしょうか?

 

人間は理性というものがある動物です。

自分で考え、決断出来ますね?

犬はどうでしょう?

与えられた環境で生きるしかありませんね?

その与えられた環境が悪ければどうなりますかね?

 

シンプルに想像すれば、メリット・デメリット明確なはず。

もちろん、教育にはお金がかかる。人も犬もそれは同じ。

家庭によって、お金の余裕も様々。使い方も様々。

 

ただ、自分が思うのは、出来ることはやってあげて欲しい。

やる前から、こうなるかも、ああなるかもの心配をすることは大事ですが、そこで躊躇した先にあるものと、一歩踏み出してみてその先にあるものでは、全く違いますね。

 

犬の将来も、人と犬の関係も。

 

でもこれまた難しいところで、人間の子供は自分で家出出来るけど、犬はそうじゃない。

犬は無力。そこにつけこんで(言い方悪くてすみません)俺の言うこと、家族の言うことだけ聞いて大人しくしてればそれでいい!

そんな考えの飼い主さんだったら、それをそれ以上干渉し、意見をうるさく言えないんです。

実際には言うんですよ。でも聞いてもらえません。そういう人には、言葉が届かない・・・。

 

届ける努力、伝わるように伝える努力、こちら側の責任。

わかっちゃいるけど、難しいところです。

たぶん、この仕事をしていく上で、永遠のテーマですね。

 

 

最後に。

 

 

犬はシンプルです。単純です。素直です。自然でありのまま。

人は複雑です。嘘をつく。隠し事をする。きれいごとを言う。

 

犬より人が難しい笑

一つだけ、他のトレーナーがどうかは知りませんが、自分は、ドッグヴィジョンは、人と犬の幸せな形、共存を第一に考えています。

だから、まず、飼い主さんの声を聞きます。(それが嘘かほんとかは犬を見ればすぐわかります)

その次に犬の状態、犬の声を聞きます。

最終的にそのバランスを整えていきます。

飼い主さんの声を犬へ。

犬の声を飼い主さんへ届けます。

 

 

だから、そこに嘘が入れば、可愛い愛犬に嘘の情報が流れます笑

良いことだって、悪いことだって、得意や不得意だって、人間誰しもある。そんなことはわかっています。

遠慮なくありのまま、自然にぶつかってきてもらいたいといつも思っています。

何度も言いますが、嘘はばれます。犬を見てれば。

どんな良いことを言っていても、どんな悪いことを言っていても、嘘や隠し事ってばれます。

 

そうすると信頼関係が成り立たなくなる。結果、犬が嫌な想いをします。

我が子が可愛い。可愛いなら、信頼出来る専門家に、ありのまま、正直にぶつかって見て下さい。

 

 

 

 

 

 

 

犬の幼稚園通信~

風ちゃんshine ゼンのことが大好き~heart02 

大型犬 しつけ 訓練 埼玉

後ろでテンがゼンの尻尾を追いかけるdashhappy01

 

モテモテheart01ゼン笑

ちわわ 吠える 咬む しつけ ドッグトレーナー

 

 

テンが幼稚園に慣れて、runrunrun走る走るgoodいいぞぉ~

犬 ようちえん 東京埼玉 ドッグホテル

 

デイケア通信~金曜日~

ギド君paper元気だそうrock

Mダックス しつけ 吠える 埼玉

 

おぉ~~っと何やら会話中happy02

ちわわ しつけ 埼玉 ようちえん

 

 

 

犬が咬んで手に負えない

一件の問い合わせ。

かなり精神的に参ってて、切羽詰まっている様子の飼い主さん。

色々話を聞くと、状況は深刻で、飼い主を病院送りにし、いよいよリードも付けられない状態。

 

それでも犬が可愛いし、それでも犬を散歩に出してやりたい。トイレさせに行ってやりたい。

だけどリードがつけられない。怖いんです。って。

 

咬ませないように、咬まれないように、気をつけよっと!(^^)!

 

状況がかなり深刻であるということ、年齢的なもの、犬種的なもの、もちろん色々ご説明しました。

何度も人を咬んでいる犬を咬まない犬にするのは不可能。(咬むレベルや咬む理由によるので、あくまでこの例として)

それも伝えました。

 

それでも、すごく犬への理解がある方で、やはり身近な専門家に話を聞いて実践したり、色々努力や工夫をされている人でした。

「先生、何とか見てもらえませんか?」って本当に切羽詰まっていて、その表情や涙が電話からひしひし伝わってきました。

 

「今日の今日お伺いすることは出来ないんですが行きます。」とお約束をして、電話を切りました。

 

 

どんな問題を抱えていようが、環境です。

環境をコントロールすることで、問題を未然に防ぐことが出来ます。

但し、それは根本の解決とは違います。

 

理想は根本の解決。

でもそれには、犬の年齢、今までの環境や経緯、トレーニング時間をどれ位とれるかという、飼い主さんの時間的余裕や根気、色んなもんが関わってきます。

 

 

根本の解決を目指すか?

問題を未然に防ぐか?

 

どちらを選択するか?でその方法は変わりますが、どちらを選択することも間違いではない。

 

応急処置か手術か?

わかりやすくいえば、そんな選択の違いです。

 

薬で散らしてその先良い方向に進む可能性もある。

手術をして、根本からやっつけられる可能性もあるが、リスクもある。

 

どちらを選ぶかは?

本人、家族次第でしょう。

 

それを提案し、ご家族の意志に沿ってプランを立てて実践するのが自分の仕事。

 

 

切羽詰まっている飼い主さんの為なら、時間作ります。休み削ります。それが自分の使命と信じて歩んできたからね。

 

 

 

 

 

うちの犬の吠える問題

一件の問い合わせ。

人間でいうとこの50歳位の犬。

 

「うちの犬吠えるんですけど直りますかね?」

 

たまたま電話をとった自分。

もう、何年も経験してきたから、だいたいの事は電話の感じでわかるんですよね。

 

 

だから幾つかの質問をしていくうちに、わかったこと。

「ペット不可の物件で、苦情がきた。」

 

丁重に、でもすぐに、

「申し訳ありませんが、力になれません。飼い主としてのルールですから。」

お断りしました。

 

「あーそういうのもあるんだぁー」と言われました。

当たり前ですよね?

 

 

そりゃあ自分は犬が好きですから、犬の行動問題で、無責任身勝手な飼い主に捨てられる犬を見捨てたくはないし、作りたくはない。

「ムカッ」とするし、「イラッ」とするし、「クソッ」と思う。

 

でもこれは職業倫理。

「ノーリードで散歩出来るような犬にしつけたい。」

「全く吠えない犬にしつけたい。」

「誰にでもフレンドリーな犬にしたい。」

 

希望は大事です。

でもその前に、ルールです。

そして、犬という動物への理解です。

 

いつも思いますが、あれもこれもと犬に望んでばかりで、あなたはその犬の為に何をしていますか?って。

自分たち大人も子供の頃がありましたね?

親や兄弟や周囲の大人に育てられましたね?

こうしなさい、こうありなさい、色々言われて育ちましたね?

で?

 

 

親の願うように、思うように今あなたがありますか?

 

 

犬にも個性や性格、得意・不得意、譲れないもんやこだわり、色々あるんです。

そういうものを尊重しながら、苦手を苦手じゃなくしてあげる。苦手がなくなるということは生きる意味で大きな武器・力になります。

そういう力を与えてあげることが教育でしょ?

 

 

 

話がそれましたが、

ルールも守らないで、犬に吠えるのをやめろって!?

申し訳ないけど(犬にね)そういうお手伝いは出来ません!!

 

その犬の犬生の先にもしかしたら不幸な運命が待っているかもしれない。

だけど、仕事として、その手助けは出来ません。

 

それがドッグヴィジョンの考えです。

 

 

 

 

 

 

犬を飼う上で

犬を飼うと、まず最初に接する犬の専門家は獣医さんですね。

犬を飼う前なら、ペットショップの店員さんかな?

ちなみにペットショップの店員さんは専門家ではなく、犬の知識を一般の方より持っている人です。

 

初めて犬を飼う人は、まずペットショップの店員さんから色んな情報を得ることになります。

次に獣医さんから色んな情報を得ることになりますね。

おそらくその次に接するのがトリマーさんかな?

その前に、「しつけをきちんと!」と考える飼い主さんであれば、トレーナーかな?

 

順番はどうでもいいんですが、各専門分野は全く異なりますのでご注意下さい。

獣医は医療のプロ。トリマーは美容のプロ。トレーナーは行動のプロです。

 

例えば、獣医に犬の甘噛みが酷くて・・・と相談した時、今だけだから大丈夫ですよ。と言われたとします。

トレーナーに相談したら、これは甘噛みじゃないですよ。と言われるかもしれません。

 

 

例えば、トリマーにトリミングを依頼して、とてもお利口でしたよと言われたとします。

トレーナーに、この子噛みますね。と言われるかもしれません。

 

例えば、トレーナーに犬の体調の事で相談し、大丈夫ですよと言われたとします。

獣医に相談したら、これは少し遅かったら大事態だったと言われるかもしれません。

 

 

 

ここに書いたのは極論であり、あくまで例え話です。

しかし、こういうことを一般の飼い主さんには是非知っておいてもらいたいと自分は常日頃思っています。

 

そして、各分野の専門家から見た所見をその専門の人間に遠慮なく伝えること。

伝えた時、その専門家がどういう言葉を返してくるかで、飼い主さんご自身がその専門家を判断することが大切です。

 

 

 

これはあくまで、自分個人の考えですが、

犬(生き物)と関わる仕事ですから、嘘偽りなくありのままを連絡することは犬の生命線に繋がり、家族の運命に繋がり、要するに信頼に繋がります。

 

良い事だけ伝える。

悪い事だけ伝える。

それは、自分本意です。

 

だって、誰だって褒められれば嬉しいでしょ?

人間30年、40年、50年、やってたって、褒められれば気分がいいでしょ?

もし相手がそれを知っていたら?

 

 

誰だって、自分や家族を悪いように言われたら良い気はしないでしょう。

ありがたいなと思っても、嬉しいなと思える人はそんないないはず。

でもそれが、本当に自分や家族を大切に思って心配している人だったらどうでしょう?

 

 

 

ドッグヴィジョンは、飼い主さんと犬のメッセンジャーでありたい!

飼い主さんの想いを犬に伝え、犬の想いを飼い主さんに伝え、問題が何なのか?どこなのか?どちらの問題なのか?

きちんと、説明したい。

 

それで、嫌われるなら、それはそれ。

だってそうでしょ?

嘘・偽りで真の幸福を得られますか?

傷口を塞いだところで、中が膿んでたら?

 

 

 

そういうことです。